• キオラ!ロトルア

経済成長を犠牲にしても環境を守るNZの決意


先月(2019年5月)末、ニュージーランド政府は次年度の予算を発表しました。

その発表の際に予算の責任者であるロバートソン財務相は「これまでと異なる方法でニュージーランドの成功をはかる」と述べています。

『これまでと異なる方法』とはどういうことなのでしょうか?

国内総生産(GDP)のみに頼るのではなく、国民の生活水準の向上や環境保護、地域社会の連携強化などに力を入れるというのがその主旨だったようです。

とりわけ私が注目したのは「環境保護」でした。

やみくもに経済成長を目指せば、この国の美しい環境は破壊され、取り返しのつかない影響を後世に与えてしまいます。

経済優先の政策で突き進んできた中国は、日中マスクをしないと外出できないほど都市部の大気が汚染されてしまいました。

中国とは対極のクリーンなイメージがあるニュージーランドでも、移民や外国人観光客の急増などにより、環境破壊の問題が深刻になっています。

政府は、今回の予算で環境保護に力を入れていく姿勢を明確に示したわけです。

昨日(6月5日)は環境保全に対する関心を高めるために国連が定めた「環境の日」でした。

ニュージーランドの観光業界はこの国を訪れる旅行客に向けて環境への配慮を促す指針をまとめ「ティアキ・プロミス」として啓蒙活動を行なっています。

プロミスは英語で「約束」という意味ですが、ティアキとはどんな意味なのでしょうか。

これは先住民族マオリ族の言葉で「環境や人々を守る」という意味になります。

この国の環境と人たちに対する「ケア」を忘れずにニュージーランドを旅してもらいたい、という旅行者へのメッセージです。

ティアキ・プロミスの思いをよりわかりやすく伝えるために作られたのが以下のイメージです。


左から「自然を守る」「クリーンに保つ」「安全運転をする」「準備を怠らない」「敬意を払う」ということがイラストと文字で書かれてあります。