• キオラ!ロトルア

世界平和ランキングでニュージーランドが2位に!


前回は世界の大学ランキングについてご案内しましたが、今回も引き続きランキング情報をお伝えしたいと思います。

何についてのランキングかというと「平和」です。

「平和?一体どうやって平和かどうかを判断するの?」

軍事支出、紛争やテロによる死者数、暴力に対する経済費用など、いくつもの指標でスコアをつけて判定されます。

では、さっそくランキングの結果をご案内したいと思います。

 <2019年世界平和インデックス>

 1位 アイスランド(34万人)

 2位 ニュージーランド(500万人) 

 3位 ポルトガル(1031万人) 

 4位 オーストリア(877万人) 

 5位 デンマーク(574万人) 

 6位 カナダ(3706万人) 

 7位 シンガポール(561万人) 

 8位 スロベニア(206万人)

 9位 日本(1億2680万人)

10位 チェコ(1058万人)

 ※カッコ内は人口 

世界1位は12年連続でアイスランドでした。

牧歌的な風景のイメージ通りですね。

殺人率の低さ、国連のPKO活動への拠出金増額なども評価されたとのことです。

そして、ニュージーランドは世界第2位!


今年はクライストチャーチで痛ましい銃撃テロ事件がありました。

しかし、23指標のうち、22指標でスコアを維持または改善したとのことで挽回し、高評価を獲得したそうです。

地域的に平和なのは10カ国中6カ国を占めるヨーロッパ。

ただ、経済規模が大きい主要三カ国でいえば、ドイツは22位でしたが、イギリスは45位、フランスは60位という結果になっています。

トップ10の中でひときわ際立っているのは「日本」です。

比較的人口が少ない国が上位に並ぶ中、1億人以上の人口を抱える日本は堂々の9位。

日本がいかに平和な国であるかを証明しています。

NZの新聞記事でも「世界の一流国の中で最も高いスコアを獲得した(平和である)」と掲載されていました。

日本人としては嬉しい限りです。

ちなみにアメリカは163カ国中、128位、中国は110位でした。

世界平和インデックスを発表した機関の報告書で、

「世界は10年前よりも平和でなくなっている」

と、記載されていたのがちょっと気になるところです。

平和は決して当たり前ではないんだな、ということを3月の事件でも思い知らされました。

これからも日々、感謝して、平和なニュージーランドに住んでいきたいと思っています。


  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© All rights reserved by UPI Planning Ltd

unite-against-covid-19.jpg