• キオラ!ロトルア

NZ企業が週休3日に成功!職場依存の日本人が見習うべきポイントとは!


少し前に、ニュージーランドのある企業が「週休3日」を試したというニュースがありました。

この取り組みを実施したのは、パーペチュアル・ガーディアン社(以下PG社)。

遺書の作成や遺産管理のサービスを提供している会社で、従業員は240人を超えます。

ニュージーランドでは夕方5時になると閉店してしまうお店が少なくありません。

日本で長年働いてきた私からすると、NZの平均的な労働時間はただでさえ短いように感じており、今回のPG社の取り組みには驚きました。

そう感じたのはこの会社の従業員も同じようです。

下の動画では(50秒くらいから)、PG社の社長が「週4日勤務にして給料はそのまま」と発表します。


しかし、従業員は社長が冗談を言っているのだと思って笑い出します。

その笑いが起こっている中で、社長は真顔で「仕事の効率(生産性)が下がるのではなく、むしろ上がることを期待している」と集まった従業員に語りかけます。

このあと、2ヶ月間に及ぶトライアルが実行され、従業員からはポジティブなことばかりではなくネガティブな意見も出ました。

1日休みが増えれば、同じ仕事量を少ない時間でこなさなくてはならないので、時間に追われるというストレスが発生します。

終わらない仕事を残業でこなしたり、家で仕事をする人もいました。

また「そもそも週3日は休めなかった」という従業員も中にはいたそうです。

その一方で、この取り組みを「働く日を1日減らすプロジェクト」ととらえた従業員たちは、発想の転換をして、工夫をこらし、仕事のやり方を改善したとのこと。


</