• キオラ!ロトルア

「ペットで猫を飼えなくなる」ってホントなの!?NZの環境保護団体が世界に伝えるメッセージとは!


日本では、ペットとして犬よりも「猫を飼う人が増えている」というニュースを以前見たことがあります。

一般社団法人ペットフード協会の調べで、ペットとして飼われている猫の数は953万匹。

一方、犬は892万匹で、猫が犬を上回っているそうです。


猫はしつけと散歩の点で犬より負担が軽く、マンションに住む人が増えている等、日本人のライフスタイルの変化にもあっていることが、増えている理由の1つに挙げられています。

ニュージーランドの南端に、遠い昔「ゴールドラッシュ」で繁栄したインバカーギルという街があります。


そのオマウイ地区で実施されるかもしれない「猫に関するある計画」が、いま世界から注目を浴びています。

それは「飼い猫禁止計画」です。

環境保護団体、Environment Southlandが提案している政策で、仮に実行されれば、飼っている猫が死んだ後、オマウイの住民は新たに猫を飼うことはできません。

猫好きの方には、とても理不尽な計画だと感じられるかもしれませんね。

しかし、この計画が作られた背景には、多くの昆虫や爬虫類、鳥や哺乳類が猫によって殺されてしまっているという現実があります。

ニュージーランドでは、猫を飼っている家庭はとても多く、基本的に「猫の外出」は自由にさせています。

野良猫や自由に出歩く飼い猫が、自然の生態系に及ぼす影響は、すでに見過ごせるレベルではないようで、歯止めをかける必要があります。

環境保護の研究者によると、猫は「世界で最も侵襲性が高い動物」の1つに数えられており、猫