• キオラ!ロトルア

知っておくとNZ旅行が楽しくなるかも!公用語のマオリ語を学んでみよう


ニュージーランドの公用語は3つあります。

1. 英語

2. マオリ語

3. NZ手話

マオリ語というのは先住民族であるマオリの言葉です。

1000年以上も昔、ポリネシア諸島からカヌーでニュージーランドに渡り、この土地に初めて移り住んだのがマオリ族です。


当サイトの名前にもなっている「キオラ」もマオリ語で「こんにちは」という意味があり、ロトルアでは挨拶する時に使われています。

マオリ語を見聞きするのはロトルアに限りません。

ニュージーランドを旅行するとわかるのですが、街や通りの名前にはマオリ語が多く使われています。

また、オールブラックスが試合前に行うパフォーマンスの「ハカ」、NZの国鳥で飛べない鳥として有名な「キウイ」、樹齢千年を超えるものもあるNZ固有の木「カウリ」などはマオリ語です。

単語の意味をちょっとだけ知っておくと、マオリ語で挨拶ができたり、土地の意味がわかったりして、NZ旅行をもっと楽しめるかと思います。

よく使われているマオリ語をいくつかピックアップしてみました。知っていればあなたもNZ通になれるかもしれませんよ。

**代表的なマオリ語の言葉**

アロハ(aroha)愛

アワ(awa)川

ハカ(haka)マオリ伝統のダンス

ハンギ(hangi)地熱を利用したマオリ伝統の蒸し料理

ハプ(hapu)一族

ヒコイ(hikoi)徒歩

フイ(hui)集まり、ミーティング

イティ(iti)小さな

イウィ(iwi)部族

カイ(kai)食べ物

カラキア(karakia)お祈り

カウマトゥア(kaumatua)年配者

カウリ(kauri)カウリの木

キウイ(kiwi)キウイバード

コハ(koha)贈り物

コハンガレオ(koha