• キオラ!ロトルア

頭を良くするには裸足のNZ人を見習った方が良いって本当!?


ロトルアでも春を感じるような暖かな日が増えてきました。

ただ、曇って風が吹いたりすればまだ寒いので、私はジャケットを着て外出します。

一方、NZ人の中には「Tシャツ姿」の男性や「ノースリーブ」の女性も見かけ、少々驚かされます。

驚くといえば、日本の方が最初に「えっ!?」と思う光景が、街の中を「裸足」で歩く人々です。


子供が裸足なのではありません。大人が普通に裸足でスーパーで買い物していたりします。

「外出するときは靴を履くことが常識」の日本人には、靴を履かないで街を歩ける人々の心境が全く理解できません。

文化や習慣の違い、と言ってしまえばそれまでですが、私は「彼らの裸足へのこだわり」について知りたくなりました。

NZ人は子供の頃から裸足で遊ぶことが多く、学校でも裸足で走り回ります。

日本の公園や校庭のグラウンドは主に「土」ですが、NZの公園には柔らかな「ウッドチップ」が敷き詰められており、学校の校庭は「芝生」で覆われていたりします。


これらは子供たちが安全に外で裸足でいられる理由の1つだと思います。

また、家の中で靴を脱ぐ習慣があるNZの家庭は少なくありません。

どこでも裸足でいることは、NZ人にとってある意味「自然」なことでなのでしょう。

しかし、道には固いものも落ちていますし「裸足で歩いたら足の裏が痛くなるはず」と思いますよね。