• キオラ!ロトルア

「パイ」はNZの国民食。その頂点に君臨する「ベストパイ」がロトルアにある!?


日本人の国民食といえば何が思いつきますでしょうか?

ラーメン?カレー?ハンバーグ?。。。

私が考える国民食はやっぱり「お寿司」ですかね。


ニュージーランドの国民食といっていい食べ物の1つに「パイ」があります。

日本人にはそれほど馴染みがないパイですが、NZではスーパーやカフェ、デイリーなど至る所で販売されており、いつでもどこでも手軽に食べられます。

NZ人がこよなく愛するパイ。当然、どこの、どの種類のパイが一番美味しいのかが気になります。

NZではパイの頂点を決めるコンテスト(Bakels New Zealand Supreme Pie Award)が毎年開催されており、先日、今年のナンバー1が決まりました。

このコンテストではパイの味だけではなく、見栄えなどを含め細かく審査されます。

また、審査員から高い評価を得たパイは、金賞・銀賞・銅賞とオリンピックのような形で部門別に表彰されます。


さらにこの中から総合トップの「大賞」が選ばれます。

コンテストに参加しているパイの数はおよそ5,500にものぼります。

大賞を獲得するには、その中から選ばれ、さらに厳しい品質管理テストをパスしたグルメミート部門のライバルに勝たなくてはなりません。

このハードな戦いを制して今年の頂点に立ったのは、タウランガにあるパトリックパイの「ローストポーク&クリーミーマッシュルームパイ」でした。

パトリックパイのオーナー、パトリック・ラムさんは今回でなんと6回目の大賞受賞。

部門別でも11部門中6部門で銅賞以上という圧倒的な成績を残しました。

<パトリックパイが受賞した部門>

・MINCE & GRAVY 銅賞

・STEAK (DICED) & GRAVY 銅賞

・CHICKEN & VEGETABLE 金賞

・GOURMET MEAT 金賞

・VEGETARIAN 銅賞

・BACON & EGG 金賞

ただ、日本人の私としてはどうしても「パイってそんなに美味しいの?」と思ってしまいます。

百聞は一見にしかず、ということで実際に食べてみました。

名実ともにNZナンバー1のベイカリー、パトリックパイ の本店は前述の通りタウランガにあるのですが、支店がロトルアにあります。

ロトルア店を訪れ、今年の大賞のパイ(下の写真)と2004年と2009年に大賞に輝いたクリーミーベーコンマッシュルーム&チーズパイを買っていただいてみました。


2018年のベストパイ「ローストポーク&クリーミーマッシュルームパイ」

普段スーパーで買って食べているパイとは全然違って、ボリュームがあり中からとろけ出るクリームソースと具材の味付けが絶品です。

価格は1個5ドル前後しますので、決して安くはありませんが食べてみる価値は十分あると思います。

個人的なおすすめは、味に癖がないクリーミーベーコンマッシュルーム(下の写真)ですね。


また、今年の受賞は逃しましたが「ステーキ&チーズ」は自信を持っておすすめできるパイです。

ロトルアにお越しの際は、NZのベストパイを作り続ける「パトリックパイ」を訪れてみてはいかがでしょうか。

なお、パトリックパイの情報は「カフェ・ベーカリー」ページよりご覧ください。



  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© All rights reserved by UPI Planning Ltd

unite-against-covid-19.jpg