• キオラ!ロトルア

シラーホークスベイ(赤ワイン)が今年のチャンピオンワインに

更新日:2019年12月9日


(中央がヴィラマリアの赤ワイン)



先月行われた2019年ニュージーランドワインアワーズ。


チャンピオンを獲得したのはヴィラマリアのシラーホークスベイでした。


ニュージーランド産ワインといえばソーヴィニョンブランに代表される白ワインのイメージが強いのですが、赤ワインの品質もそれに負けず劣らず高くなっています。


北島東部、太平洋に面したホークスベイは4つの大きな川が流れる地域。


その地形や土壌がブドウの生産には適しており、少ない降雨量と長い日照時間によって完熟したブドウを収穫できるそうです。


メルロー、カルベネ・ソーヴィニョン、カルベネ・フランなどのブドウ品種から作られる上質なワインはすでに国際的に認知されているほど。


シラー(シラーズとも呼ばれます)品種を使ったワインはコクがあって、なめらかな味わいなのが特徴です。


世界的にシラー種の栽培面積が増えていることから人気の赤ワインとなっていることがわかります。


今年のチャンピオンワインを製造したヴィラマリアは1961年に弱冠21歳の若者が、サウスオークランドで創業したワイナリーです。


1970年代に家族経営から脱皮し、事業を拡大。


オークランド以外にも、ホークスベイ、マールボロ、ギズボーンのヴィンヤードで栽培するブドウから良質なワインを製造しています。


今回のワインオブザイヤーを含めこれまで品評会では多数の賞を獲得し、販売先はNZ国内のみならず世界60カ国へ輸出。