top of page

女子サッカーW杯 NZ・豪州大会が来月開催



ニュージーランドとオーストラリア共催で行われる女子サッカーW杯2023大会まであと1ヶ月あまりとなりました。


2011年以来の優勝を目指す日本代表、なでしこジャパンはグループリーグで下記3チームと対戦します。


7月22日(土)

対戦相手 ザンビア(初出場/77位)

試合会場 ワイカトスタジアム/ハミルトン


7月26日(水)

対戦相手 コスタリカ(2大会ぶり2度目/36位)

試合会場 フォーサイスバースタジアム/ダニーデン


7月31日(月)

対戦相手 スペイン(3大会連続3回目/7位)

試合会場 スカイスタジアム/ウエリントン


※( )内の順位は2023年3月24日時点の世界ランキング


グループリーグで2位以内になれば決勝トーナメントに進出できます。


世界ランキング11位の日本にとって、グループリーグ最大のライバルは3戦目のスペインということになるでしょう。


ただ、サッカーは番狂せが起こりやすいスポーツでもあるので、初戦のザンビアや2戦目のコスタリカにも気は抜けません。


海外チームが相手の場合、体格や高さ、スピードなど個人のフィジカル面で日本は優位に立ちにくいことが指摘されます。


なでしこジャパンの池田監督は、組織でボールを奪い世界に対抗していく戦術で強化を図ってきました。


今年に入ってからの国際試合は2勝3敗と負け越していますが、強豪国相手でも接戦に持ち込むことはできています。



ワールドカップメンバーは6月13日に発表され、その後、7月14日のパナマ戦(仙台)を経てキャンプ地のクライストチャーチに入る予定です。


昨年、男子サッカーのワールドカップは日本が優勝経験国のスペインやドイツを破り、大変盛り上がりました。


一方、なでしこジャパンは優勝経験国の強豪として相手チームから特にマークされる立場です。


ワールドカップでは厳しい戦いを強いられるでしょうが、グループリーグからベスト4までのニュージーランドラウンド(計6試合)を勝ち抜いて、シドニーでの決勝に進出してもらいたいものです。


がんばれ!なでしこジャパン!



Commentaires


bottom of page