• キオラ!ロトルア

毎週◯億円のチャンス!?NZの宝クジで高額当選者が続出



先月下旬、オークランドで大きな額の宝くじ当選者が出ました。

その額はなんと920万ドル(約6.4億円)です。

それから1ヶ月も経たない内に今度はハミルトンで1,020万ドル(約7.1億円)の当選者が生まれました。

立て続けの高額当選で、ニュージーランドでは宝くじがちょっとしたニュースになっています。

この宝くじは「ロト」と呼ばれていて、スーパーマーケットやオンラインでも購入できます。

そのうち、高額当選が出るのはパワーボールという種類のロト。

過去の最高当選金額は2016年に出た4,400万ドル。

日本円でおよそ30億円で、当選者はオークランドに住む若いカップルだったそうです。

ニュージーランドロトの歴史は比較的浅く、始まったのは1987年。

それから30年余りで延べ110億ドル(約7.7兆円)の当選金額が支払われています。

こんな小さな国でもロトにはすごいお金が集まってるんですね。

でももし仮に、ロトで高額当選したら、税金はどのくらいかかるでしょうか?

正解は「ゼロ」。

当選金が無税なのは日本でも同じです。

日本の宝くじの売上の約4割は、運営母体である自治体の税収となります。

当選者からさらに税金を徴収すると二重課税になってしまうので、税金がかからないのです。

さて、日本で最も有名な宝くじといったら「年末ジャンボ」ではないでしょうか?

最も多くの1等を出すと言われる西銀座チャンスセンターの行列は年末の風物詩となってますね。