• キオラ!ロトルア

えっ!そんなところから日焼け?UV対策をすべき意外な体の場所って?


ニュージーランドの紫外線は日本の○倍、なんてことを聞いたことありませんでしょうか?

「日本」と一言でいっても北海道と沖縄では紫外線量は1.5倍くらい違うので、正確な比較はできません。

ただ、ニュージーランドの紫外線量が多いのは確かで、曇り空でも紫外線の80%は地表に到達するので油断大敵です。


では、ニュージーランド旅行中のUV対策はどうするのが良いのでしょうか?

気温が上がればどうしても薄着になりますので、肌が陽にさらされてしまうことは避けられません。

日焼けをできるだけしないようにするには、やはり「日焼け止めを塗ること」が効果的です。

日本から日焼け止めを持参されても良いですし、忘れてしまっても現地の薬局やスーパーで購入できます。

日焼け止めの商品に表示されている「SPF」という指標は、サンプロテクションファクターの略語で「肌を日焼けから守ってくれる強さ」を意味します。

SPFの後に表示されている数値が大きいほど効果が高くなり、例えば、「SPF30」は肌が日焼けをするまでの時間(通常15分〜20分)を30倍遅らせる効果がある、という意味になります。

紫外線が強いNZでは、より効果が高いSPF50(約12〜16時間)またはSPF50+などを選びたくなりますが、肌が弱い方には強すぎるかもしれませんのでご注意ください。


なお、日焼け止めは肌がこすれて落ちてしまうこともあるので、一度塗ったら大丈夫という訳ではありません。

落ちてしまったかもと感じたら塗り直す