ビール.jpg

New Zealand Beer
NZビールで乾杯

ニュージーランド人はビールが大好き。一人当りのビール消費量は日本の1.6倍でスーパーには豊富な種類のビールが並びます。主要な銘柄のほかに個性的な味を楽しめるクラフトビールもおすすめ。
steinlager.png

Steinlager Classic

スタインラガーは海外にも輸出されている高品質なラガービール。ボトルが緑色なのは他のプレミアムビールと同色に合わせてブランド価値を高めるため。クラシックはドライでスッキリした飲み心地。アルコール5%

スタインラガー

tui.png

Tui

ブランド名になっているのはラベルに描かれたNZ固有の鳥トゥイ。長い歴史を持ち、パーマストンノース近くの本社では醸造所見学ツアーを開催。軽く爽やかなテイストのペールラガービール。アルコール4%

トゥイ

monteith's.png

Monteith's Original Ale

南島ウエストコーストのグレイマウスに醸造所を構えるモンティース。創業時と同じレシピで醸造されたオリジナルエールのラベルは鉱山採掘で栄えた時代を忍ばせる。香ばしいテイストのブラウンエール。アルコール4%

モンティース

speights.png

Speights GMA

ダニーデン発祥のスパイツは南島を代表するビール。メインブランドのゴールドメダルエールは豪州の展示会で金メダルを獲得したことが由来。NZ全国に点在するエールハウスでは様々なスパイツビールを楽しめる。アルコール4%

スパイツ

スクリーンショット 2022-06-15 午前10.29.31.png

Export Gold

オークランドで醸造されるエクスポートゴールドはスッキリした味わいでクセがなく飲みやすいのが特徴。モンドセレクションの受賞歴を持つラガービール。環境負荷を減らす取り組みにも力を入れている。アルコール4%

エクスポート

スクリーンショット 2022-06-15 午後0.30.13.png

Mac's Gold

南島ネルソンが拠点のマックスを設立したのはオールブラックス選手としても活躍したテリー・マカシン。クラフトビールのパイオニアでNZで最も成功した地ビール醸造所。ゴールドは甘みのあるモルトラガー。アルコール4%

マックス

lionred.png

Lion Red

オークランドの醸造所で作られるライオンレッドはライオン(メーカー)の赤ラベルという意味。モルトの香ばしさと柔らかな甘さが特徴のラガービール。若者に人気があり価格もリーズナブル。アルコール4%

ライオンレッド

waikato.png

Waikato Draught

主に北島中部のワイカト地方とその周辺で販売されているワイカトドラフト。どこまでも広がる牧草地帯のグリーンがイメージカラー。「Bitter Beer」のラベル表示通りクリアな苦味を味わえる本格派。アルコール4%

ワイカトドラフト

brew.jpeg

Pub

ビール好きならパブで飲むのもおすすめ。ロトルアで地ビールを飲むならブルー。様々なテイストのクラフトビールを味わうことができフードメニューも充実。ビールをお得価格で飲めるハッピーアワーは4pm〜6pm。

<番外編> パブ