• キオラ!ロトルア

カード払いができる新型パーキングメーターがロトルアにも登場!


ロトルア市内中心には無料と有料の駐車スペースがあります。

従来の有料駐車スペースでは、パーキングメーターにコインを入れて支払います。

ニュージーランドではエフトポス(デビットカード)決済が普及していますので、外出する際に現金はほとんど持ち歩かない、という人も多くおります。

クレジットカードを利用することが多い観光客にとっても、コインしか使えない有料駐車場は利用しにくいはずです。

そこで市は、デビットカードやクレジットカード払いができる新型パーキングメーター(i-Park)を導入することを決めました。


画像: ロトルアレイクスカウンシルHPより抜粋

すでに市内中心にある一部のパーキングメーターは新型に切り替わっています。


カウンシルHPに掲載されているパーキングメーターとは見た目が若干異なっています。

この駐車スペースで支払いが必要となるのは、平日(月〜金)が午前9時から午後5時まで、土曜日は午前9時から12時までで日曜日は無料です。

画面下にあるタッチパネルを操作して支払いをします。

パーキングチケットが発行されるといったことはなく、タッチパネルで入力した車のナンバープレートによって無断駐車ではないと認識されます。


こちらはカードとコインの挿入口。およそ半分のパーキングメーターではコインも利用できます。

仮にコインが利用できないパーキングメーターの場合は、道路を挟んで反対側にコインが利用できるパーキングメーターがあるように設置してあります。


パーキングメーターに「Green Zone」に駐車する場合は支払いをするように書かれています。


上の写真は、グリーンゾーンの場所と駐車可能時間を表示した標識です。

この標識から左側のスペースには最大180分まで有料で駐車できると示されています。

逆に右側のスペースは15分以内は無料という意味になります。

料金は$1/時間で、オークランドに比べるとかなり安いですね。

新型メーターが全て設置完了した後は、専用アプリでの支払いも利用できるようなるなど、より便利になるそうです。

ここ数年でロトルアの人口は増えて、街がどんどん発展しているように思えます。

街の変化についても、このブログで随時アップデートして参りたいと思います。


  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© All rights reserved by UPI Planning Ltd

unite-against-covid-19.jpg