吊り橋.png
​​Arapuni Dam Swing Bridge 
アラプニダム吊り橋
水力発電所を建設するために架けられたアラプニダム吊り橋。水力発電は総発電量の6割を占めるNZのエネルギー源。約100年前に完成した吊り橋は、現在人気の観光スポットとなり自然の景観を楽しむことができます。
全長152m
全長152m
press to zoom
広めの歩道幅
広めの歩道幅
press to zoom
稼働中の発電設備
稼働中の発電設備
press to zoom
上から見た吊り橋
上から見た吊り橋
press to zoom
渓谷を流れる川
渓谷を流れる川
press to zoom
水力発電設備
水力発電設備
press to zoom
基本情報
◎入場無料
◎所要時間30分​
◎公衆トイレ
吊り橋概要

着工 1925年(翌年完成)

全長 152m

幅 1.57m(手すり間)

高さ 54m

アクセス

ロトルアから車で60分

地図はこちら

路肩駐車スペース

駐車場から徒歩5分

【体験レビュー】

NZ北島で最長と言われるアラプニ吊り橋。高さも想像していた以上で写真撮影には最適です。吊り橋は(当然ですが)揺れますので最初はちょっと怖く感じました。歩道幅は広めで歩きやすく、両脇の手すりワイヤーがしっかりしているので安心感があります。吊り橋の上からは片側に水力発電設備、もう片方には緑の山々や渓谷を縫うように流れる川の景色を望めます。場所はロトルアとワイトモ洞窟のちょうど中間地点。公衆トイレも利用できるのでツチボタル観光の途中、休憩がてら立ち寄ってみても良いかもしれませんね。

由紀.png