​​New Zealand Shops
ニュージーランドのお店
ワイトモツチボタルツアー

ワイトモ洞窟ツチボタルツアー

Waitomo Glowworm Caves

​【参加料金】大人$55 子供$25 家族$136

​【所要時間】60分

【出発場所】Waitomo Glowworm Caves

【撮影許可】写真・動画撮影不可

ruakuri.jpg

ルアクリ洞窟ツアー

Ruakuri Cave

​【参加料金】大人$79 子供$30 家族$190

​【所要時間】90分

【出発場所】Ruakuri Visitor Centre

【撮影許可】特定の場所のみ可

aranui.jpg

アラヌイ洞窟ツアー

Aranui Cave

​【参加料金】大人$55 子供$25 家族$140

​【所要時間】60分

【出発場所】Waitomo Glowworm Caves

【撮影許可】写真・動画撮影可

内容・料金
hukajet.jpg

フカフォールジェット

Huka Fall Jet

スリルとスピード感を味わえるアクティビティ。フカ滝を下から見上げられるのはフカフォールジェットだけ。

​【料金】大人$99  子供$67  家族$299

​【時間】30分

【営業】9:00am〜5:00pm

内容・料金
bungy2.jpg

ジャンプジェット

Jump Jet

ジェットボートとバンジージャンプのセットプラン。両アクティビティ中の写真画像USB($80相当)が無料。

​【料金】大人のみ$269

​【詳細】バンジージャンプ情報はこちら

バンジージャンプ2.jpg

バンジージャンプ

Bungy Jump

真下に流れるワイカト川へ47mの高さからジャンプ。時速70kmのスピードでの自由落下はスリル満点。

【料金】大人$185 子供$135 タンデム$370  

【条件】10才以上  体重45kg以上

swing4.jpg

スウィング

Swing

空中にぶら下がった状態から一気に急降下。振り幅180度の高速スウィング。余裕があれば景色も眺められる。

【料金】大人$160 子供$110 タンデム$320  

【条件】10才以上  体重30kg以上

swing6.jpg

バンジー&スウィングコンボ

​Bungy & Swing Combo

バンジージャンプとクリフハンガー両方を体験したい人向け。コンボを利用するとお得に楽しめる。

【料金】大人$265

【条件】10才以上  体重45kg以上

ヘルズゲート6.jpg

ジオサーマルウォーク

Geothermal Walk

【内容】園内の地熱活動を歩いて見学

【時間】1時間〜1.5時間

​【料金】大人$39 子供$19.50 家族$95

硫黄温泉1.jpg

サルファースパ

Sulphur Spas

【内容】硫黄泉のプールで入浴

【時間】1時間〜1.5時間

​【料金】大人$25  子供$12.50  家族$60

ヘルズゲート.jpg

インスパイアエクスピアレンス

The Inspire Experience

【内容】地熱見学+硫黄泉入浴

【時間】2.5時間〜3時間

​【料金】大人$59 子供$29.50 家族$145

泥温泉2.jpg

スムースエクスピアレンス

The Smooth Experience

【内容】泥温泉入浴+硫黄泉入浴

【時間】1時間〜1.5時間

​【料金】大人$79 子供$39 家族$195

ヘルズゲート4.jpg

エキサイトエクスピアレンス

The Excite Experience

【内容】地熱見学+泥温泉入浴+硫黄泉入浴

【時間】2.5時間〜3時間

​【料金】大人$99 子供$49 家族$235

羊の毛刈りショー.jpg

ファームショー

Farm Show

【内容】ファームの動物紹介・羊の毛刈り実演等

【開始】11:00am

​【料金】大人$25  子供$15 

羊たちが集まってきました.jpg

Farm Tour

ファームツアー

【内容】ファーム見学、動物の餌付け、蜂蜜試食

【開始】10:00am 12:00pm

​【料金】大人$25  子供$15

ファームツアー.jpg

Combo

コンボ

【内容】ファームショー+ファームツアーセット

【時間】11:00am

​【料金】大人$40  子供$30

ツアー出発.jpg

シャイアズレスト出発

Tour From The Shire's Rest

【出発場所】501 Buckland Rd, Hinuera, Matamata

【催行時間】9:00am〜3:30pm

​【参加料金】大人$89 子供$44 家族$225

​【所要時間】約2時間

晩餐会3.jpg

晩餐会ディナー付きツアー

The Evening Banquet Tour

【出発場所】The Shire's Rest

【催行時間】要確認

​【参加料金】大人$199 ユース$162 子供$104 幼児 無料

​【所要時間】約4時間

beehive.jpg

ビーハイブ - 国会議事堂

Beehive

建物の形状からビーハイブ(蜂の巣)と呼ばれる国会議事堂。最上階の10階に内閣室、首相の執務室は9階にある。議会が開かれているのはビーハイブの右側に位置する建物で、見学ツアー(要予約)に参加すると議場内にも入ることができ臨場感を感じられる。尚、ツアー中の写真撮影は不可。

tepapa2.jpg

テパパ国立博物館

Tepapa Museum

年間100万人超の入場者を集めるテパパ国立博物館。NZの歴史・文化・科学や国内外の様々なアーティストたちによる芸術作品を体感的に学べるような工夫がなされている。ガリポリの戦い(2022年4月25日まで展示予定)のエキシビジョンは圧倒的なコンテンツで無料とは思えないクオリティ。 

cuba.jpg

キューバストリート

Cuba Street

レインボーカラーに彩られた横断歩道にバケツの噴水(バケットファウンテン)。アーティスティックな雰囲気が漂うキューバストリートには人気のレストランやカフェ、古着やレコードショップ、ギャラリーなど個性的なお店が軒を連ねる。金曜・土曜は屋台や出店が並び、にぎやかなナイトマーケットを楽しめる。 

cablecar.jpg

ケーブルカー

Cable Car

山の斜面にある住宅街とダウンタウンを結ぶケーブルカーは市民や旅行者にとって欠かせない交通手段。海と山に囲まれた街を背景に真っ赤なケーブルカーが往来する風景はNZを代表するワンシーンの1つ。時間があればボタニックガーデン(植物園)の緑を楽しみながら歩いて下るのもおすすめ。

 

mtvictoria.jpg

マウントビクトリア

Mt Victoria

山頂(高さ196m)までの道路は広くないので車でのぼる時はちょっと注意が必要。展望台からは山側に向かって伸びていく街や美しいハーバーなど360度のパノラマビューが望める。なお、展望台までは歩いて登ることもできる(ショートコース 2.6km / フルコース 4.6km)。ウォークウェイマップはこちら 

orientalbay.jpg

オリエンタルベイビーチ

Oriental Bay Beach

市内中心部から徒歩圏にある人工ビーチ。砂浜の上に座って海を眺めたりリラックスした時間を過ごすには最適の場所。遊歩道はのんびり散歩したりクロコダイルバイクに乗ってみるのも楽しい。近くには人気レストランもあり、綺麗な景色を満喫しながらの食事は最高の思い出になること間違いなし。 

bayarea.jpg

ポップアップビレッジ

Waterfront Pop Up Village

ウォーターフロントに並ぶいくつもの輸送用コンテナ。それぞれが個性的なショップになっていて雑貨、洋服、アクセサリー、アート作品、観葉植物など様々な商品が並ぶ。屋外の開放的な雰囲気と店員さんとの楽しいコミュニケーションも魅力。夏季限定(12月上旬〜2月下旬)で開催される。 

frankkitts.jpg

フランクキッツ公園

Frank Kitts Park

ウォーターフロントにあるフランクキッツ公園。芝生のある広場でくつろいだり、海辺を散歩したり、ダウンタウンでほっとできる憩いの場。大晦日の夜はライブ演奏で盛り上がるカウントダウンイベント、年越し花火などで大勢の市民や観光客が集まりとてもにぎやかに。 

oldstpauls.jpg

オールドセントポールズ教会

Old St Paul's

150年以上前に国産の木材を使って建てられた教会はNZの貴重な文化遺産。解体危機を乗り越え保存が決まり、現在は結婚式やコンサートなどのイベントでも利用される。観光客への公開は補強工事のため一時中断した後、2020年7月から再び再開。教会内には日本語パンフレットも常備。 

oldbank.jpg

オールドバンクアーケード

Old Bank Shopping Arcade

ニュージーランドが英国領だった時代に建てられた歴史的建物で文化遺産としての価値も高く、内部も当時の面影を残している。改修後は飲食店・アパレル・食料品・雑貨などの洗練されたショップが軒を連ねるショッピングアーケードに。市内中心部のおすすめスポット。 

wltstation.jpg

ウエリントン駅

Wellington Railway Station

神殿のような立派なたたずまいのウエリントン駅。オークランドとウエリントンを結び北島を縦断して走る長距離列車、ノーザンエクスプローラーの乗降地でもある。内部は特徴的なアーチ状の柱が特徴で駅を利用しなくても自由に見て回ることができる。日本とはちょっと違う駅の風景を楽しめる。 

taranaki.jpg

タラナキ山

Mount Taranaki

エグモント国立公園にそびえるマウントタラナキ(標高2518m)はマオリ語で「輝く山」の意味。ニュープリマスのシンボルであり、稜線が美しい山容は日本の富士山に似ている。そうしたこともあって映画「ラストサムライ」のロケ地に選ばれ、山麓で撮影が行われた。

terewarewa.jpg

テレワレワ橋

Te Rewa Rewa Bridge

ニュープリマスのランドマーク、テレワレワ橋(全長70m)は歩行者とサイクリング専用の橋。国際歩道橋賞を受賞したアーティスティックなデザインで、大きな波の下をくぐり抜ける様な感覚に。橋の上からはまっすぐ続く美しい海岸線、遠くには雄大なタラナキ山が望める。

プケクラ.jpg

プケクラ公園

Pukekura Park

東京ドーム10個分に匹敵する広大なプリクラ公園には在来種の他、エキゾチックな花や植物が植えられ、訪れる人々の目を楽しませている。細長い湖沿いの歩道はウォーキングやジョギングにも最適。ライトアップで夜を彩るランタンフェスティバル(夏季限定)はニュープリマス観光の目玉。 

iwayama2.jpg

パリトゥトゥロック

Paritutu Rock

海沿いにある尖った岩山、パリトゥトゥロック。駐車場からすぐの入口から頂上に向かって急な階段が続く。山頂近くになると階段はなくなり足場はゴツゴツした岩場に。金属チェーンのガイドラインをつかみながら昇るとニュープリマスの街並み、長く伸びる海岸線、タラナキ山を一望できる。 

pukeariki.jpg

プケアリキ博物館

Puke Ariki Museum

ニュープリマス市の図書館が併設された博物館で入場は無料。天井から吊るされた巨大なサメはホオジロザメの祖先と言われ、すでに絶滅したメガロドン。骨や歯の化石がこの地域で発見され、大きさは大型バスに匹敵する(13m-17m)。そのほか先住民の文化や昔の市民の暮らしぶり、ニュープリマスの歴史などを学べる。 

windwand.jpg

ウィンドワンド

The Wind Wand

海岸線のウォークウェイにある高さ48mのグラスファイバーチューブ。風が吹くとゆらゆらとゆっくり揺れ動く。ニュージーランドのアーティストによってデザインされたニュープリマスのアイコン的建築物。先端にはLEDライトが付けられいて夜間には赤く点灯する。

 

灯台3.jpg

ケープエグモント灯台

Cape Egmont Lighthouse 

エグモント岬にポツンとたたずむ白い灯台。19世紀後半から稼働する長い歴史を持つ。海側から灯台を眺めると遠くにそびえるタラナキ山が美しい。観光客が灯台へアクセスできる道はなく写真撮影は遠目から。日没近くの時間帯に訪れると水平線に沈むきれいな夕日を眺められる。 

スリーシスターズ.jpg

スリーシスターズ

Three Sisters

駐車場から海へ歩いていくと黒い砂浜と遠浅の美しい海岸線が目の前に広がる。以前は3つ並んでいた岩層(スリーシスターズ)は侵食によって現在は2つに。途中にある巨大な岩にはトンネルの様な大きな穴が。潮が引いている時は歩いて通り抜けできる絶好の写真撮影スポット。裸足で歩く人も多い。 

アートギャラリー.jpg

アートギャラリー

The Govett-Brewster Art Gallery

巨大なミラーが幾重にも波打ち、それ自体がアート作品と呼べそうな建物はアートギャラリー。ニュージーランドのアーティスト、レン・ライの作品を数多く展示する。入場はすぐ横にある白い建物から。夜間はライトアップされて、また違った美しさをかもしだす。 

クロックタワー.jpg

時計台

Clock Tower

ダウンタウンの中心に立つ大きな時計台。地震による安全性への懸念からオリジナルの時計台は取り壊され、残された時計を組み込んだレプリカとして生まれ変わった。街には時間を知らせる鐘の音が響いて味わい深い。内部に階段が設置されているがのぼることはできない。 

ウォークウェイ.jpg

海沿いの歩道

Coastal Walkway

ポートタラナキからベルブロックビーチの東端側まで全長13.2kmのウォークウェイ。散歩、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど景色を眺めながら思い思いに楽しめる。運動はちょっと...という方は電動キックボードをレンタルして走ってみても良いかも。 

marinparade.jpg

マリンパレード

Marine Parade

太平洋に面するネイピアで海を眺めるならマリンパレード。水平線から太陽がのぼると空と雲が色づき始めとても美しい光景に。ビーチ沿いに設けられた遊歩道は整備されていてウォーキングやサイクリングに最適。国立水族館、パターゴルフなどのアトラクション、夜間にライトアップされる噴水などの見所も。 

アールデコ.jpg

アール・デコ建築

Art Deco

1930年代の大地震によって多くの建物が崩壊してしまったネイピア。建物の再建に当時ヨーロッパで人気があったアールデコ様式を採用。その後ファッショナブルな街として生まれ変わり現在はアールデコの建物が残る街としては世界でも有数と言われるほどに。古さを全く感じさせないデザインが印象的。 

bluffhill.jpg

ブラフヒル

Bluff Hill Lookout

海側に突き出した小高い丘の上(ブラフヒル)にある展望台。かつては砲台があったと言われ見晴らしが良く目の前はパノラマビュー。歩道の柵から下を見下ろすと山積みされた木材(NZの主要輸出品)と大きな貨物船が停留しているネイピア港が。市内中心部からも近い穴場的な景観スポット。

 

churchroad.jpg

チャーチロードワイナリー

Church Road Winery 

ワインの一大産地として知られるホークスベイエリア。ワイナリーではワインの試飲や併設レストランでの食事を楽しめる。この地域でワイン造りの先駆者として知られるのがチャーチロードワイナリーで特に赤ワインの評価が高い。なお、チャーチロードのワインはスーパーでも購入可。 

hawksbay.jpg

ファーマーズマーケット

Hawke's Farmers Market 

国内最大級とも呼ばれるホークスベイファーマーズマーケット。広い敷地には地元の生産者や飲食店などが多数出店。お腹が空いたらフードトラックへ。芝生の上に座りライブ演奏の音楽を聴いたりとマーケットの楽しみ方は人それぞれ。広い駐車スペースや現金引出しサービスなど利便性も良い。