ニューリージェント.jpg

ニューリージェントストリート

New Regent Street

スペインのミッション建築とマッチした独特のパステルカラーの配色が鮮やかなニューリージェントSt。カフェやスイーツ、アクセサリーなどかわいいお店が立ち並び、地元の人々や観光客でにぎわう人気スポット。主要ホテルやカセドラルスクエアからも近いのが嬉しい。バスやトラムでのアクセスもある。

cathedral.jpg

紙の教会

Transitional Cathedral

日本の建築家、坂茂氏設計の紙の教会。使用された段ボールは筒状にする事で強度が増し、運搬・加工がしやすく、建築コストを抑えられるという特徴がある。震災後の復興を象徴する建物として2013年に完成。三角のステンドグラスは日中は屋内に光を取り込み、夜間は外観をカラフルに彩る。 

追悼の椅子.jpg

追悼の椅子

185 Empty Chairs

東日本大震災と同年に発生したカンタベリー地震。犠牲となった185名の人々を追悼するため、地震の1周年の日に設置された185脚の椅子。子供用から食卓用、屋外用、車イスまで色々な形状の椅子が並ぶ。様々な人々の命が失われた事を忘れないという市民の思いが伝わってくる。場所は紙の大聖堂から徒歩2分。 

tram.jpg

トラムツアー

City Tram Tour

市内中心部のランドマークや観光スポット(17ヶ所)を巡回するトラムツアー。乗り降り自由のチケットなので市内をあちこち見て回る際にはとても便利。運行時間は10月〜4月:9時〜18時、5月〜9月:10時〜17時。運行間隔は15分〜25分。大人一人につき子供3人(5〜15才)まで無料。

 

cathedral2.jpg

大聖堂広場

Cathedral Square

2011年の地震で大きな被害を受けたクライストチャーチ。ランドマークの大聖堂は修復工事が進んでいるものの、その爪痕はいまだにはっきり残っており揺れの激しさを物語る(2020年時点)。大聖堂前の広場は多く人が行き交い、また様々なイベントがも催されていて賑やかな雰囲気。 

ボタニック.jpg

ボタニックガーデン

Botanic Gardens

クライストチャーチの別名はガーデンシティ。その名の通り街は花や緑にあふれている。中でもボタニックガーデンはその象徴的な公園。園内はとても広く(サッカーコート30面ほど)時期によって様々な花が目を楽しませてくれる。またあちこちにそびえ立つ背の高い巨木にびっくりすることも。 

eibon.jpg

エイボン川

Avon River

ボタニックガーデンなど市内中心部をゆっくりと流れるエイボン川。川沿いの歩道は散策に最適。また小舟に乗り景色を楽しめるパンティングはクライストチャーチならではのアトラクション。案内役の漕ぎ手はエドワード朝時代のファッションに身を包み古き良き時代の雰囲気を感じられる。 

追憶の橋.jpg

追憶の橋

Bridge of Remembrance

戦争で亡くなった人々に捧らた記念碑として建造されたメモリアルブリッジ。戦地へ赴く兵士が出征する際にこの橋を渡り、穏やかなエイボン川の流れを眺めながら思いに浸ったと言われる。近隣にはおしゃれな飲食店が並ぶ場所でアクセスはトラムを利用すると便利。 

時計塔2.jpg

ビクトリア時計塔

Victoria Clock Tower

ニュージーランドの歴史遺産として登録されている文化的価値の高い時計塔。時計は4方向全てにあり、どこからでも時間を確認できるようになっている。2011年の震災時に被害を受け、その後修復され現在の姿に。クライストチャーチの歴史を語り継ぐシンボル的ランドマーク。 

artcentre1.jpg

アートセンター

The Arts Centre

元は大学の校舎だった歴史的建物を保全し、芸術活動の拠点として利用されているアートセンター。美術品や工芸品、文房具、アロマクラフト、手作りスィーツなど、様々な店舗が入っておりオリジナリティ溢れる商品が並ぶ。日曜日には屋外でマーケットが開催され、多くの人で賑わう。 

start.jpg

ストリートアート

Street Art

街ブラをしているとよく見かけるストリートアート。大きな壁面には様々なアート作品が描かれていて思わず見入ってしまうものも。その多くは上書きされたりしていずれなくなってしまうため、一定期間しか鑑賞できないそう。個性的な作品を見て歩くと街が大きな美術館のように感じるかも。 

tekapo1.jpg

善き羊飼いの教会

The Church of the Good Shepherd

大自然を一望できるテカポ湖の湖畔にひっそりとたたずむ石造の教会はNZヘリテージにも登録される文化遺産。推計60万人/年もの人々が訪れると言われ、NZで最も多く写真におさめられる風景の一つ。夜間は世界一美しいと評される満天の星空を眺めるスポットとしても人気がある。 

stars.jpg

テカポ˚の星空

Tekapo's Starry Sky

夏は日没時間が夜9時過ぎになるなど夜がふけて暗くなるのが遅いニュージーランド。それでも満天の星空を眺めるために夜更かしする価値は十分。善き羊飼いの教会の近くは写真撮影スポットとして人気。運が良ければオーロラが見れることも。 

bridge1.jpg

テカポ˚湖歩道橋

Lake Takapo Foot Bridge

街の東西をつなぐ全長125mの歩道橋。歩行者以外にもサイクリストも利用する。橋の下にはミルキーブルーの川が流れ美しい景色が広がり、写真撮影でも人気のスポット。想像以上に高さを感じるため高所が苦手の人は渡るのをためらうかも。夏には土手にルピナスが咲いて景色がより鮮やかに。 

boudarydog.jpg

バウンダリー犬の像

The Boundary dog statue

多数の羊を盗んだマッケンジーと飼い犬のフライデー。マッケンジーが当局に捕らえられてもフライデーは羊の群れを管理し続けたと言われる。伝説となった賢い忠犬の銅像はテカポ湖一帯(マッケンジー盆地)を見渡せるように建つ。ここからの景色が良いので写真撮影スポットとしても人気。 

pukaki2.jpg

プカキ湖

Lake Pukaki

テカポ湖と並び非常に美しいプカキ湖。氷河の雪解け水が流れ込む細長い湖の色は鮮やかなミルキーブルー。雲の動きや日光の当たり方によって湖面の表情も微妙に変化する。車窓からも見ることはできるけれどレンタカーの旅であれば車を停めてしばし眺める価値は十分あり。 

wanaka.jpg

ワナカ湖

Lake Wanaka

スキー、スノーボード、カヤック、釣り、登山、サイクリングなど、さまざまなアクティビティを楽しめるアウトドア天国のワナカ。特に景観に定評があるマウントアスパイアリング国立公園でのハイキングやトレッキングは人気が高い。中心部には洗練されたお店も多くリゾートの雰囲気も味わえる。 

buckinghamst.jpg

アロータウン

Arrowtown

かつてゴールドラッシュで栄えた個性的な街、アロータウン。中心街のバッキンガムストリートには映画のセットと見まがうような外観の建物が並び、古き良き時代の雰囲気を今に残している。街を流れる清流、アローリバーでは今でも砂金が取れるそう。写真映えがピカイチの観光スポット。 

queenstown.jpg

スカイラインクィーンズタウン

Skyline Queenstown

山の斜面に沿ってゆっくりと登るゴンドラ。到着後に広がる風景は国内最長(約80km)のワカティプ湖とその湖畔にたたずむ街の姿、そして遠くまで連なる雄大な山々。カフェでくつろぎながら美しい景色を楽しんだり、アクティビティがお好きな方には山下りを楽しめるリュージュもおすすめ。 

qtg.jpg

クィーンズタウンガーデンズ

Queenstown Gardens

観光客でにぎわうダウンタウン。その喧騒から離れてのんびりくつろぎたい時には最適の場所。手入れが行き届いた緑の中を散策したり、半島のように突き出した園内からワカティプ湖の美しい景色を眺めたり、静かでゆったりとした時間を過ごせる。 

beach.jpg

クィーンズタウンベイビーチ

Queenstown Bay Beach

ダウンタンエリアの憩いの場。正面にワカティプ湖、その奥には険しくそびえる山々を望める。天気の良い日はビーチでくつろいだり、夏の時期は湖水浴やカヤック、パドルボートなどを楽しめる。テイクアウトしたコーヒーを飲みながら景色を眺めてのんびりくつろぐのもおすすめ。 

fg2.jpg

ファーグバーガー

Fergburger

2001年の開店以来、地元の人々や観光客に大人気のバーガーショップ。米メディアに世界一美味しいと評されたこともあり、お店はいつもお客さんでいっぱい。特徴はなんと言ってもボリュームで、持った時の感覚は想像以上のずっしり感。一度は味わいたいクィーンズタウンのマストリストの1つ。

1.jpg

トンネルビーチ

Tunnel Beach

駐車場から海に向かいまっすぐ伸びる坂を降ると海に突き出した岩にできた大きな空洞(トンネルビーチ)が目に飛び込んでくる。自然が作り出す造形美に思わず息を呑む。潮が引いている時間帯は岩場へ降ることができ、より間近で見ることも。目の前に180度広がる水平線も爽快な気分にさせてくれる。 

larnachcastle.jpg

ラーナック城

Larnach Castle

オタゴ半島を望む小高い山上に建てられたNZ唯一の城、ラーナック城。外観がお城のように見える建築物は資産家の私邸として建てられ、現在は一般開放されている。豪華絢爛な装飾やアンティークな調度品など内部も見応えはたっぷり。隅々まで手入れが行き届いている敷地内の庭園は国際的評価が高い。 

steepest street.jpg

ボールドウィンストリート

Baldwin Street

世界で最も急な街路、ボールドウィンストリートはダニーデン市内の名物スポット。ギネスに認定される斜度(最大斜度35°)はスキーのジャンプ台に匹敵。坂を下から見上げた時と登った後に見下ろした時、いずれも驚きの景色が広がる。なお、車両での通行は住民のみに許可されている。 

speights.jpg

スパイツエールハウス

Speights Ale House

南島を代表するスパイツビールはダニーデンが発祥の地。醸造所に併設されたエールハウスでは様々なテイストの生ビールを味わえる。ビールを作るために使用する湧き水は一般の人も利用可(無料)。ショップではスパイツブランドをあしらったTシャツやコップなども販売されている。 

dunedinstation.jpg

ダニーデン駅

Dunedin Station

ルネッサンス様式で建てられたダニーデン駅。内部は美しく装飾されており駅というより宮殿のようなおもむき。現在は観光列車のみが運行されており、駅よりもギャラリーやレストランでの飲食利用が多い。週末は駅横の敷地で有名なファーマーズマーケットが開催され多くの人々が集う。 

fm.jpg

ファーマーズマーケット

Otago Farmers Market

数あるファーマーズマーケットの中でもトップクラスの品質や鮮度で知られるマーケット。毎週土曜の午前中に開催され地元の人々でにぎわっている。ピザやクレープなど手軽に食べられるテイクアウトもありブランチでの利用も多い。場所はダニーデン駅のすぐそば。 

otagouni.jpg

オタゴ大学

University of Otago

オタゴ大学は学生の街ダニーデンのシンボル的存在。ゴシック様式で建てられたクロックタワーは大学のシンボル的建築物。敷地内には緑が多く、また小川が流れていたりと広い公園のよう。世界で最も美しい大学の一つとして評価されたのも納得。海外の大学の雰囲気をちょっと感じてみたい方におすすめ。 

octagon.jpg

オクタゴン広場

The Octagon 

その名の通り八角形の形状になっているダウンタウン中心のオクタゴン広場。公共交通機関のハブとなっていて旅のスタートポイントにする旅行者も多い。セントポール大聖堂やビクトリア様式で建てられた市庁舎など歴史的な建造物が周囲を囲む。カフェでくつろいだり、疲れた時にリラックスする場所としてもおすすめ。 

市庁舎.jpg

市庁舎と大聖堂

Town Hall, St Paul's Cathedral

オクタゴン広場の北側、時計台のある立派な建物は市庁舎で現在も議会などで使用されている。ニュージーランドに現存するビクトリア様式の市庁舎としは最古のもので歴史を語り継ぐ貴重な建物。そのすぐ西側にあるのはセントポール大聖堂。美しいステンドグラスの窓が特徴で広場を見下ろすようにそびえ建っている。 

6.jpg

モエラキボルダーズ

Moeraki Boulders

真っ直ぐな海岸線に球形の大きな岩(直径1m〜2m)が点在する不思議な光景。モエラキボルダーズは恐竜の卵が化石になった?!わけではなく、約400万年もの時間をかけて自然に形作られたもので岩の表面に亀の甲羅の様な模様があるのは亀甲石が凝固してできたため。オタゴ地域の必見観光スポットの1つ。 

マップ.jpg

カウンターはどこにある?

オークランド空港のレンタカー受付カウンターは国際線到着ゲートから出て右手にあります。マップの25〜28番(Avis・Hertz・Budget・Eurocar)、向かいの7番(Thrifty)が国際線ターミナル内に窓口を持つレンタカー会社です。返却時は鍵を指定の場所に入れるだけで手続きは特にありません。
 
aucklandrentalcar.jpg

どんなレンタカー会社がある?

大手5社は価格が少し高めですが空港の駐車場に在庫があるため移動の手間や時間的ロスがありません。一方、格安レンタカーの場合はターミナルでピックアップしてもらい空港から少し離れたオフィスで手続きをします。お好みに応じて選んでみてください。レンタカー比較サイト→レンタルカーズドットコム
クレジット.jpg

受付時に必要なものは?

通常、以下の3つが必要です。
・身分証明書
(パスポート)
国際運転免許証
・クレジットカード
貸出手続きの際にクレジットカードでデポジット決済されます。(返却後に問題がなければ返金されます)
レンタカー.jpg

現地の交通ルールは?

・後部座席のシールベルトは義務
・踏切は一旦停車の必要なし
ランナバウト 右側からの車優先
指定のない道路 制限速度100km/h
GIVE WAY 合流先の道路を走る車優先
​携帯電話 運転中は手を使った通話禁止
 
NZ交通局の日本語運転案内
スタンド.jpg

ガソリンの種類は?

給油するガソリンの種類は車を借りる際に確認します。スタンドはセルフ式でガソリンの種類ごとに番号や名称が書いてあります。
・ハイオク→ 95/98
レギュラー→ 91
・軽油→ Diesel
レンタカーの返却時は満タンにしておきます。
魚料理も並ぶ.jpg

ゴンドラ+ランチ

Gondola + Lunch

ロトルア湖と街を眺めながら上質なビュッフェを楽しめるランチ。ゴンドラ往復券付き。

​【料金】大人$65  子供$41(メニュー ※参考)

​【時間】11am〜2:15pm​

ビュッフェ.jpg

ゴンドラ+ディナー

Gondola Dinner

ロトルアの夜景を眺めながら上質なビュッフェを楽しめるランチ。ゴンドラ往復券付き

【料金】大人$75  子供$49(メニュー ※参考)

​【時間】5:30pm〜7:30pm​

xmaseve.png

クリスマスイブディナー

X'mas Eve Dinner

クリスマスの特別ビュッフェ。店内はクリスマス一色。ゴンドラ往復券・ウェルカムドリンク付き。

【料金】大人$85  子供$52

​【時間】5pmまたは7:45pm​

xmasday.jpg

クリスマスランチ&ディナー

X'mas Day Lunch & Dinner

クリスマスの特別ビュッフェ。ゴンドラ往復券・ウェルカムドリンク・無料リュージュ付。3〜14才のお子さんにはサンタからのプレゼントも。

【料金】大人$135  子供$75

​【時間】ランチ 11am/11:15pm〜または1:15pm/1:45pm​〜

【時間】ディナー 5am〜7pmまたは7:30pm〜Late​

newyeareve.jpg

ニューイヤーイブディナー

New Years Eve Dinner

夜景を眺めながら楽しむビュッフェ。ウェルカムドリンク・深夜のシャンパン付。ライブ演奏・ニューイヤー花火の景色も。

【料金】大人$149  子供$75

​【時間】8pm〜深夜

kowhai.jpg

コファイ

Kowhai

コファイはマオリ語で『黄色』を意味する言葉。春に小さな黄色い花を咲かせる。NZの国花として認知され、NZ全土で見ることができる。街路樹や庭木で見かけることが多い。

【開花時期】春・9月〜10月

シャクナゲピンク.jpg

シャクナゲ

Rhododendron

春の訪れとともに派手な大きい花を咲かせる。満開になると花の色(赤・ピンク・白・黄色など)で木が染まって見事。ロトルアでは公園や街路樹として多く植えられている。

【開花時期】春・9月〜10月

ツツジ.jpg

ツツジ

Azelea

ロトルアでは10月上旬頃に見ごろを迎えるツツジ。シャクナゲと同様、たくさんの花をつけとても華やか。クイラウ公園にある高さ2m超の大きなツツジは圧巻の一言。

【開花時期】春・9月〜10月

huji.jpg

フジ

Wisteria

振り袖姿の女性にたとえられる優雅な花を見られるのは春。写真はロトルアのクイラウ公園で撮影したフジ。小さな橋がフジの花に覆われ、紫のトンネルになっていました。

【開花時期】春・10月〜11月

インスタ更新.jpg

マヌカ

Manuka

春から夏にかけて白い花を咲かせるNZ原産の花木。この小さな花から集められた蜜がマヌカハニーとなる。葉をお茶にして飲んでいたことからティーツリーとも呼ばれる。

【開花時期】初夏〜夏・11月〜1月

ポフツカワ.jpg

ポフツカワ

Pohutukawa 

12月中旬頃に満開を迎えることからクリスマスツリーとも呼ばれるNZを代表する花木。自生しているのは北島のみ。植栽されたことでNZの至る所でみられる。

【開花時期】夏・12月〜1月

jacaranda.jpg

ジャカランダ

Jacaranda

紫色の花をたくさん咲かせ、その華やかさから世界の三大花木とも言われる。中南米原産で気候が暖かい地域でのみ見られる。公園や校庭、街路樹でよく植えられている。

【開花時期】夏・12月〜1月

agapanthus1.jpg

アガパンサス

Agapanthus

紫や白の花は大きく華やかで人気がある。夏になると道路端や個人宅などあちこちで見かける。南アフリカ原産で繁殖力が強いことからNZでは雑草として扱われている。

【開花時期】夏・12月〜2月

ねむの木1.jpg

ネムノキ

Silk Tree

薄紅色の刷毛のような花は繊細で独特。夜は葉が合わさり眠るようにも見える。成長すると高木になりたくさんの花をつける。夫婦円満の象徴とも言われ庭木で見ることが多い。

【開花時期】夏・1月〜2月

マグノリア.jpg

モクレン

Magnolia

上向きに咲く姿は春を待ち望むようにも見える花。蕾が北を向くことからコンパスフラワーとも。紫や白の上品な色と爽やかな香りで人気。公園や庭木で見かけることが多い。

【開花時期】冬・7月〜8月

rose.jpg

バラ

Rose

長期間に渡って楽しむことができるバラ。世界最多とも言われる品種があり、色とりどりのバラが栽培されている。ロトルアではガバメントガーデンのバラ園がオススメ。

【開花時期】10月〜2月