カウリ.jpg

カウリ

Kauri

世界で最も古くから存在するNZ固有の植物。ゆっくりと成長し、タネ・マフタ(森の主)と呼ばれるカウリは高さ50m・樹齢は2000年を越える。日本の屋久杉と姉妹木協定を結んでいる。北島のロトルア以北でのみ見られる。

シルバーファーン.jpg

シルバーファーン

Silver Fern

NZのアイデンティティ的なシダ。葉の裏と茎から伸びる枝が白いのが特徴。成長すると10m以上の高さに達する。昔のマオリ族は暗い森の中でシルバーファーンを道しるべとして使用していた。北島で多く見られる。

mamaku2.jpg

ママク

Mamaku

高さ約20m(ビルの7階)にまで成長する木性シダ。葉の長さも最大で5mに達する。別名"ブラックツリーファーン"。マオリ族は『コル』と呼ばれる新芽を食料としていた。北島に多く、南島は霜がおりない地域で見られることも。

harakeke.jpg

ハラケケ

Harakeke

高さ2mもの葉の塊となる亜麻。マオリ族はその繊維を編んでカゴやマット、魚の網を作っていた。種から取れるオイルはスキンケア用品にも使われるほど良質。緑が多い所だけではなく街中や道路端など様々な場所で見られる。

cabbagetree.jpg

キャベジツリー

Cabbage Tree

成長すると10m〜20mの高さになる。食べられる新芽がキャベツなど野菜の栄養素に近いことが名前の由来。欧州からの入植者は耐火性あある幹を煙突として使用したりした。湿った土壌から海抜千mの場所まで育つ範囲は広い。

nikau.jpg

ニカウ

Nikau

世界で最も南の地域で見られるヤシの木。約15mの高さまでゆっくり成長し葉の長さは3mにもなる。マオリ族は葉を屋根・帽子・マット・カゴなどに使っていた。海沿いではなく森の中で見られ庭木として植えられていることも。

ランスウッド1.jpg

ランスウッド

Lancewood

幼木時はトゲのある葉を下向きに生やす珍しい木。3mほどの高さになると姿をかえ、幹の先端部にふさふさとした緑の葉をつける。かつて生息した巨大鳥『モア』から身を守るための進化と言われる。NZ全土で見ることができる。

toitoi.jpg

トイトイ

Toetoe

見た目がススキによく似たイネ科の在来植物。外来種のパンパグラスとも似ていて間違いやすい。マオリ族はカゴを作ったり屋根を葺くための材料、または腎臓機能を改善する薬として利用していた。主に北島に分布。

エルム.jpg

ゴールデンエルム

Golden Elm

春から夏にかけて爽やかな明るい緑色の葉をつけ、秋になると黄金色に紅葉するニレ科の木。日光の当たり方で葉の色が違って見えたりすることも。公園や街路樹、牧場の中など様々な場所で見かけられる。

sweetgum.jpeg

モミジバフウ

Sweet gum

大きなモミジの形をした葉が特徴。フウ(楓)科の木で原産は北米。トゲトゲした実をたくさんつける。秋になると光沢のある葉がきれいに紅葉する。街路樹や公園などでよく見られる。

oak1.jpg

オーク

Oak

ヨーロッパ原産のブナ科の植物。カシワに似ている葉とドングリの実をつけるのが特徴。欧州には樹齢千年を超えるものもあるなど寿命が長く高さ20〜30mに成長する。たくさんの葉をつけた大木が紅葉すると景色がとても映える。

poplar.jpg

ポプラ

Poplar

セイヨウハコヤナギとも呼ばれるヤナギ科の植物。ポプラの木の下で集会を開いていたことがポピュラーの語源とも言われる。成長が早く牧場や農園、道路沿いなどに防風林として植えられたポプラ並木がよくみかけられる。

suzukakenoki.jpg

スズカケノキ

Platanus

プラタナスとも呼ばれることも多い広葉樹。モミジバフウと似た特徴をもつ。実にトゲがなく葉が大きいという違いがある。幹は滑らかで迷彩柄のようになっている。公園などでよく見られ、紅葉時期は黄色に色づく。

booking.jpg

チケットは公式販売サイトで

チケット販売サイトの中には正規とは異なった料金を提示しているサイトもあります。トラブルを避けるため、公式に承認されたサイトを利用してチケットは購入しましょう。公式サイトの情報は当サイトにも掲載しています。

1.jpg

座席によって違う見え方

選手が近く迫力があるのはやはり前列。グランド全体を俯瞰したい場合はバックスタンド中段以上。ゴールライン際の攻防やトライを近くでみたい人はゴールポスト裏がおすすめです。なお、人気カードは早めの予約がベターです。

traffic-jam.jpg

時間に余裕を持って出発する

試合には多くの人が詰めかけるためスタジアム周辺の道路がとても混み合います。車の方は駐車場が見つからないなんてことも。観戦に向かうときは少し早めに出発するくらいでちょうど良いでしょう。

parka.jpg

ナイトゲームの必須アイテム

日中は薄着で過ごせるくらい気温が高くても夕方から急に肌寒くなるのはNZでよくあること。ナイトゲームは必ず上着を持参して出かけましょう。また、突然の雨に備えて防水素材やフード付きなら、なお安心です。

混雑.jpg

トイレの混雑対策

ハーフタイムになると皆一斉に席を立ち、トイレ前には長い行列ができます。この混雑を避けるためにはハーフタイム直前か、後半開始後など時間差を利用してトイレを利用するとそれほど待たずにすみます。

現金払い.jpg

「CASH ONLY」に注意

一気に押し寄せる客を早くさばくため、飲食コーナーなどでは現金払いしか受け付けない場合も。私は現金の手持ちがなくビールが買えないという結果に(泣)特設の現金引出し窓口がスタジアム内にありましたが行列になるほど混んでました。

IMG_4569.jpg

乗車券の予約とバスの発着所

乗車券はスタンダードとフレキシの2種類あり、スタンダードは予約変更不可でキャンセルによる返金もありません。フレキシは出発2時間以上前の予約変更またはキャンセルが可能です。詳しくはこちらをご確認ください。料金はルートや発車時間等によって異なります。アイサイトはバスの発着所にもなっており、乗車時にドライバーによる予約確認がありますので遅くとも出発15分前には乗り場に向かいましょう。
walkers-1563872_1280.jpg

割引料金が利用できる対象者

ルートによっては学生やバッグパッカーを対象とした割引があります。17歳以上の学生はISIC(国際学生証)、バッグパッカーはYHAやBBHカード等の身分証明書が必要です。3〜12才は子供料金が適用され、2才以下は無料(保護者の膝の上に座る)。60歳以上のシニア割引はNZ国民のみ利用できます。割引料金についての詳しい情報はこちらをご確認ください。
intercity.jpg

載せられる荷物の量と数

​大きな荷物は2つまで乗せることができます。荷物1つあたりの重さは最大25kg。車内に持ち込める荷物は1つのみ、最大5キロまでです。それ以上の荷物がある場合、1つあたり$10の別料金が発生します。自転車も荷物として乗せることは可能ですが、指定された通りに解体・梱包する必要があります。その他、荷物についての規定はこちらをご確認ください。
加入手順.jpg

遅延状況の確認・注意事項

遅延などの運行状況はインターシティHPまたはアプリ(InterCity NZ Bus Tracker)から確認できます。バスが​別ブランド(Ritchies, Tranzit等)の場合もあり、こうした情報もHPで確認できるので要チェック。ロトルア〜オークランド間ルートではいくつかのバス停を経由しますが、そのうちハミルトンでトイレ休憩ができます。車内は全席自由席で、匂いがでない冷たい飲み物以外の飲食は禁止です。
cathedral-cove-1592274_1280.jpg

プリペイ式のフレキシパス

必要な乗車時間分だけを事前購入して使えるフレキシパス。普通料金と比べて格段に安いことと、出発2時間までキャンセルできるのがメリット。使い方はルートマップで乗車時間をチェックして、5種類(15時間〜60時間)のチケットから選択して予約する。チャージした時間からアクティビティの料金も支払える。時間を使い果たしてしまっても3時間〜80時間まで追加チャージできる。
new-zealand-3021090_1280.jpg

周遊旅行向けのトラベルパス

固定の周遊コースを回る場合は観光ツアーが含まれたトラベルパスが便利。北島・南島が各6コース、北島+南島は3コースある。コースはどこから出発してもOK。出発した進行方向で終着地が決まり逆戻りはできない。有効期限は12ヶ月あり、気に入った街で数日過ごしたり、働いたりして、また旅に出るという予定も組める。キャンセル・変更は乗車2時間前まで可能。
honey-bee.jpg

日本のハチミツとの違いは?

働きバチたちが花から花を渡って集めた蜜が『ハチミツ』になります。日本のハチミツは、アカシア・レンゲ・トチなどの花蜜からできたものが主ですが、マヌカハニーはNZと豪州の一部にしか自生しない野生植物『マヌカ』の花から取れた蜜を集めたものです。マヌカハニーが貴重と言われるのには限られた自生場所と短い開花期間が関連しています。
manuka.jpg

マヌカってどんな植物?

マヌカはグァバやユーカリなどと同じフトモモ科の常緑低木で3〜4mほどの高さまで成長します。1〜2cmほどの小さく白い花(種類によって薄いピンクや赤色もあります)を咲かせ、開花時期は11月〜2月ごろまで。NZ全土で見ることができ、満開になる時期は地域によって差があります。ロトルアでの見頃は11月〜12月です。
maori.jpg

マヌカの薬効を発見したのは?

マオリ語で『癒しの木』『復活の木』という意味のマヌカ。マオリ族は古来からマヌカに薬効があることを知っており葉や樹皮を万能薬として使用していました。ヨーロッパ人初のNZ上陸を果たしたキャプテンクックも胃の調子が悪くなった船員にマヌカのお茶を飲ませており、マヌカはヨーロッパ人の間でティーツリー(お茶の木)とも呼ばれています。
喉の痛み.jpg

どんな効能が期待できるの?

マヌカハニーには非常に優れた抗菌効果や抗炎症作用があることがわかっています。具体的には胃ガンの原因とされるピロリ菌の殺菌、口内炎や歯周病対策、喉の痛み、整腸作用など。NZでは抗菌効果が高いマヌカハニーは『医療用』として使用されているほど。自然食品のため副作用がないことも安心です。
マヌカハニー.png

見た目や味は?

一般的なハチミツは透明感のある黄金色ですが、水分量が少なめでねっとりしたマヌカハニーは『茶色』。味も少し薬っぽいようなクセがあります。マヌカハニーの色や味が濃いのはミネラルが豊富に含まれているから。また、黒っぽい容器が使用されるのは直射日光によってミネラルやビタミンの成分を壊さないようにするためです。
manukahoney.jpg

選び方の基準は?

容器に記載されている『MGO』や『UMF』などの表示。これらはマヌカハニーの品質基準を示すものでいくつかの種類あります。その中で信頼性が高く商品数が揃っているのがMGOとUMF。数値が高いほど期待できる効能と価格が上がります。マヌカハニーの抗菌効果を実感するにはMGOは250以上、UMFは10以上の商品が良いとされています。
食べ方.jpg

食べ方ってあるの?

抗菌成分には熱に弱い(45℃以上はNG)ものもあるので、加熱せずそのまま食べた方が良いでしょう。体に入ったマヌカハニーが流れてしまわないよう飲み物はすぐに取らないのがおすすめです。摂取量(1日)の目安は小さじスプーン1口分を3回ほど。スプーンは金属以外(陶器・木製など)だと抗菌成分の活性を弱めにくいと言われています。
countdown.jpg

どこで買えばいいの?

一般的にお土産店にあるマヌカハニーは種類が多く、中には味見ができるお店もあります。店員さんに商品の特徴を聞けるのもメリットの1つですね。一方、価格を重視する場合はスーパーがおすすめです。種類は少ないもののリーズナブルに購入できます。目的に応じて購入する場所を選ぶと良いかもしれませんね。なお、空港はそれほど安くないようです。
パッキング.jpg

日本に持ち帰る時の注意点は?

ほとんどの国際線航空会社は液体物の持ち込みを制限しています。ハチミツは『液体』と見なされるため必ずスーツケースなど預け荷物に入れて持ち帰りましょう。NZのように海外からハチミツを持ち込むことを禁止している国もありますが、日本はハチミツの持ち込みに制限を設けていませんので安心です。
荷物.jpg
スーツケースレンタル

旅行の目的や日数に合わせ様々な種類のスーツケースをリーズナブルな価格で利用でき、自宅の保管スペースも不要。破損しても無償対応だから安心。

ポケトーク.jpg
翻訳機レンタル

自由行動を多めにしたけど英語が不安...。そんな悩みを解消してくれる翻訳機。グローバルWifiならポケットWifiとセットでレンタル可能。

nzチーズ.png
お土産通販

ニュージーランド産の商品を日本の住所に届けてくれる通販サイト。帰国後にお土産が足りない...なんて時に役立つことも。

4019687_s.jpg
空港宅配

大きなスーツケースやかさばる荷物を持って空港へ行くのは大変...。クロネコヤマトの空港宅急便を利用すると身軽に出発できます。往復便の場合は帰国時に送り状や運賃の支払いなどの手間なく気軽に帰宅できます。